Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

オフィスに欠かせないアイテムであるコピー機ですが、今では多くの会社で購入でもレンタルでもないリース契約を利用しています。コピー機や複合機のリース契約を利用するメリットは、毎月の負担を少なく最新機種を導入できることです。

コピー機、複合機は、高額な機種も多いですから融資を受けて購入を検討している会社もあるかもしれませんが、融資イコール借金ですから、抵抗がある人は負担の少ないリース契約を利用する傾向があるようです。

リース契約にも、契約の内容やトータルの支払いなどを考えると購入するかレンタルをするよりも高くついてしまうデメリットはあるものの、設備投資にお金をあまりかけることができない今の日本の企業にとってはなくてはならないシステムです。

一般的な契約内容だと、コピー機が3,000円程度から、複合機も1万円以内で利用できることが多いようです。リース契約だと契約年数の縛りがあることが多いですので、短期間での利用がわかっている場合はレンタルのほうが良いですし、トータルの支払いを考えると、購入するほうが安いと感じる人は新規購入を検討したほうが良いかもしれません。

いずれにせよ、手軽に複合機、コピー機を導入する方法として、機種の指定もできるリースは優れた方法なので是非検討なさってください。