業種にこだわって求人探しをするなら「サポートナビ」

Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

ネットにアクセスするだけで、簡単に求人情報を見つけることができます。しかし、これだけ膨大な情報の中から理想の職場を捜すとなるとなかなか大変です。そこでおすすめしたい方法は、働きたい業種に特化したサイトを利用することなのです。

例えば→調理師の求人はこちらのサイトからアクセスしてみてください。サポートナビ調理師の専用ページが表示されます。調理師の求人に特化したサイトになっているので、知りたい情報だけをピックアップすることができます。早速中身を見てみると、条件という項目があります。

勤務地をはじめ、こだわりの中には働き方や待遇面、職場環境、フリーワードを記入できる欄も設けられています。例えば待遇面を見ると、交通費支給、資格取得支援、週払いOK、正社員登録/採用とあります。最初はアルバイトやパートで募集していても、経験を重ねることでいずれは正社員になりたい、という方は「正社員登録/採用」の項目にチェックをいれましょう。該当する求人情報に的を絞って検索結果を表示させることができます。

このように、自分は何にこだわりたいか、それによって項目にチェックを入れていけば、時間をかけずに理想の職場を見つけることができます。業種に特化したサイトはこのようなメリットがあるのです。

No CommentsSend This Post to Twitter!

コピー機リースのメリットとデメリット

Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

オフィスに欠かせないアイテムであるコピー機ですが、今では多くの会社で購入でもレンタルでもないリース契約を利用しています。コピー機や複合機のリース契約を利用するメリットは、毎月の負担を少なく最新機種を導入できることです。

コピー機、複合機は、高額な機種も多いですから融資を受けて購入を検討している会社もあるかもしれませんが、融資イコール借金ですから、抵抗がある人は負担の少ないリース契約を利用する傾向があるようです。

リース契約にも、契約の内容やトータルの支払いなどを考えると購入するかレンタルをするよりも高くついてしまうデメリットはあるものの、設備投資にお金をあまりかけることができない今の日本の企業にとってはなくてはならないシステムです。

一般的な契約内容だと、コピー機が3,000円程度から、複合機も1万円以内で利用できることが多いようです。リース契約だと契約年数の縛りがあることが多いですので、短期間での利用がわかっている場合はレンタルのほうが良いですし、トータルの支払いを考えると、購入するほうが安いと感じる人は新規購入を検討したほうが良いかもしれません。

いずれにせよ、手軽に複合機、コピー機を導入する方法として、機種の指定もできるリースは優れた方法なので是非検討なさってください。

No CommentsSend This Post to Twitter!